バストアップクリーム

バストアップクリームはお勧めしない!

バストアップクリーム

 

バストアップには、サプリメントよりもバストアップクリームを使ったほうがよいと判断をしている人がいます。

 

しかし、バストアップクリームはお勧めすることができません。

 

バストアップクリームは、女性ホルモンの他に、脂肪を増やす成分のボルフィリンなどを配合していて、バストに直接働きかけることでバストアップすることができるとして人気があります。

 

プエラリアサプリなどは、飲むことで副作用の危険あったり、体質に合わない人も多いので、クリームで直接バストに働きかけるのがコンセプトとなっています。

 

しかし、実はバストに直接塗りつけてもあまり意味はないことをご存知ですか?

 

バストアップクリームは医薬品ではなく化粧品です。

 

医薬品のように成分が体の皮下組織にまで浸透することはありません。

 

医薬品

 

化粧品は、皮膚の表皮の角質層という部分までしか浸透しません。

 

バストアップに必要なのは、バストに脂肪をつけることですが、バストの脂肪がある皮下組織にはクリームの成分は浸透しません。

 

つまり、ハッキリ言って、意味がないということになります。

 

バストアップクリームの販売元のホームページをよく確認してみましょう。

 

小さな字で「浸透は角質層まで」と書いてあるはずです。

 

浸透は角質層まで

 

必要な部分に成分は浸透しないことがわかりますね。

 

また、女性ホルモンの成分を含んでいることがありますが、女性ホルモンは、脳から指令を受けて卵巣で作られます。

 

卵巣で作られた女性ホルモンは、乳腺を作りますが、肝心の女性ホルモンの成分は卵巣に働きかけなければいけません。

 

したがって、バストに直接女性ホルモンの成分を塗りつけても全く意味がないのです。

 

意味がない

 

経口摂取して、体に吸収させるということが大切なのです。

 

したがって、バストアップクリームは保湿以外で役に立つことはありません。

 

口コミサイトなどを見ると、バストがふっくらした、ハリがでたとクリームを絶賛している方がいますが、バストが大きくなったとの報告はありません。

 

保湿されることで皮膚にハリが戻っただけなのです。

 

育乳はサプリメントだけでは無理?